« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

■コマ大数学科135講:長文読解

 麻生総理と鳩山代表の党首討論で、鳩山代表は「友愛」社会を作りたいと強調していたが、衆議員の議席を「自民220、民主284」の友愛数にしたい、ということなのかなぁ…(これでは衆議員議席の定数をオーバーしてしまう^^;)の「たけしのコマ大数学科」

※出典/クイズ大陸:No.Q51 小人の帽子

 目がチカチカするので、あらためて、問題--。

続きを読む "■コマ大数学科135講:長文読解"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年5月28日 (木)

■書籍:博士の愛した数式

 映画の「博士の愛した数式」は、CSで度々放送されたし、それを録画したので、もう何度も繰り返し観ていたけれど、あらためて、小説「博士の愛した数式」を読んだ。

 もっと「博士の愛した数式」の世界に浸かりたいと思ったからなのだが、映画では、博士と義姉の関係と、そもそも、博士が80分しか記憶が持続しない、脳の傷害を受けることになる、交通事故については、あまり触れられていない。ひょっとして、小説では、もう少し詳しい描写があるのかなぁ……と、爺は思った次第。

続きを読む "■書籍:博士の愛した数式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

■コマ大数学科134講:消えた数

「老兵は死なず、ただ消えゆくのみ」という言葉がある。「すげー昔、ラジコンの漫画を描いた漫画家がいたよな」とか、昔「ファミ通にガスコン金矢っていたけど、今、何しているんだろう?」とか、爺は世間から、消え去った存在だけれど、どっこい、まだ生きてて、こんなブログ記事を書いているの「たけしのコマ大数学科」。

問題:たろうくんは、1から順番に1、2、3、4、5……とある数までを黒板に書きました。じろうくんがその中の1個の数を消してしまいました。すると、残りの数の平均は(590/17)になりました。じろうくんが消した数はいくつですか?

※出典:2000年第9回 算数オリンピック トライアル問題

【遊び方】たろうくんが書いた数と、じろうくんが消した数をダブルクリックして、キーボードから数字を入力する。平均が(590/17≒34.7058)と同じになったら正解!

続きを読む "■コマ大数学科134講:消えた数"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月18日 (月)

■コマ大数学科133講:ソ連の円周問題

 新型インフルエンザA(H1N1)が国内でも感染拡大しているもよう。軽度症状の感染者は家から出ないようにと呼び掛けているが、爺の場合は、1年中、家にひきこもりの「たけしのコマ大数学科」アンドリアノフ~^^;

133講:問題

問題:三角形ABCの外接する円周上を動く点Pがある。PからAB、ACにおろした垂線の足をM、Nとするとき、MNの長さが最大となるPの位置を作図せよ。

続きを読む "■コマ大数学科133講:ソ連の円周問題"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月14日 (木)

■書籍:ぼくと1ルピーの神様

 「事実は小説よりも奇なり」と言う。どんな波乱万丈な人生を描いた小説も事実には勝てないという意味だが、どんなに唐突であっても、確率的にめったに起こらないような出来事でも、現実に起きた事柄に対しては、それを受け入れるしかない。しかし、小説では、そーはいかない。貧乏で無学な青年がクイズ番組に挑戦して、見事、全問正解して、高額な賞金を得る。青年はどうして、すべての問題に答えることができたのか。たまたま、その答えを知っていたから……。こんな、ご都合主義の小説を読んで、あなたは、面白いと思うだろうか?

ぼくと1ルピーの神様 ぼくと1ルピーの神様
(ランダムハウス講談社文庫)
ヴィカス スワラップ/著
子安 亜弥/訳

 ところがである。「ぼくと1ルピーの神様」は、いったん、読み始めると、止めることができなくなるほど、物語に引き込まれてしまう。文庫で400ページを超える本を、最後まで一気に読んでしまった><;

続きを読む "■書籍:ぼくと1ルピーの神様"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

■コマ大数学科132講:カックロ

 なにやら聞きなれない言葉だが「カックロ」とは、足し算を利用したパズルとか(戸部アナのオープニング)。いわゆる「クロスサム」と呼ばれるパズルだが、「加法クロス」から「カックロ」になったそーな(中村亨センセ談)の「たけしのコマ大数学科」。今回は、その「カックロ」にも通じるところがある、足し算パズルだよ。

問題:表裏に0~9までの数字がひとつずつ書かれたカードが5枚ある(数字の重複はない)。すべて表の数を足すと「19」、左から3枚を裏返して、見えている数を合計すると「20」になった。同様に、裏裏表裏裏の場合は「35」、表表裏表裏の場合は「11」、表裏表裏表の場合は「31」になった。最初に見えていたカードの表にあった数を並び順に答えよ!

問題提供:クイズ大陸「真説5枚の紙切れと数字

【遊び方】数字をダブルクリックして、キーボードから数字を入力してほしい。図は、5枚のカードを時系列に並べたものなので、左端のカードの表は、同じ数になる。カードの裏も同様。要は、表裏のカードの数の合計が、右側のオレンジ色の数字なればいい。

続きを読む "■コマ大数学科132講:カックロ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年5月 7日 (木)

■平成教育委員会:最新中学入試SP

先週の「たけしのコマ大数学科」は、「新型インフルエンザ」の緊急報道番組が入り、オンエアされなかった><; 舛添厚労大臣の「落ち着いて行動してください」との発言に「まず、あんたが落ち着け!」と、口には出さねど、ツッコミを入れた人も多いと思う^^; そんなわけで、ひさしぶりに「平成教育委員会SP」のマス北野の問題で、頭をほぐしておこう^^;

※武蔵中入試問題

続きを読む "■平成教育委員会:最新中学入試SP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »