« ■書籍:算数でホラー(パラドックス事件簿) | トップページ | ■コマネチ大学数学科92講:トランプ »

2008年6月 2日 (月)

■平成教育学院:マス北野の問題

昨日(日曜日)の「熱血!平成教育学院」を見た。東大から、池上翔馬、木村美紀、瀧口友里奈のゲストを迎え、京大出身のロザン宇治原史規と対決。このところ「東大VS京大スペシャル」と銘打つことが多いなぁ…^^;

で、マス北野の出す問題が、面白い幾何問題だったので、紹介しておく。

20080602_01

問題:図のように長方形の中に半円が描いてある。半円の重なった、青の部分と長方形と半円のすきま、赤の部分は同じ面積である。長方形の横の長さは、20cmだが、縦の長さは何cmか? 円周率は、3.14として計算せよ。

「東大VS京大」と銘打ったものの、木村美紀(もう、完全に芸能人なので、さん付けはしない^^;)は、最下位の得点で、グループで獲得した2点のみ。得意の「数学」問題だけは、なんとしても落とせないところだったが……。

20080602_02

青の部分と赤の部分の面積は等しいので、差し引き「0」になる。つまり、二つの半円を足した円の面積と長方形の面積は等しい。というわけで、長方形の縦の長さは……。

「314÷20=15.7」という答え。

木村美紀の答えは「16」。ざんね~~ん! 「だいたい合ってるじゃん」とは、木村美紀の弁だが、そーゆー問題じゃないでしょ><;

漢字の問題で、ボタンが壊れるかと思うくらい、叩きまくっている姿を見て、爺は、悲しくなったよ。


|

« ■書籍:算数でホラー(パラドックス事件簿) | トップページ | ■コマネチ大学数学科92講:トランプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/21347456

この記事へのトラックバック一覧です: ■平成教育学院:マス北野の問題:

« ■書籍:算数でホラー(パラドックス事件簿) | トップページ | ■コマネチ大学数学科92講:トランプ »