« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

■世界のナベアツ:素数のときだけアホになる!

「3の倍数と3がつく数字のときだけ…」では、そのまんまだと思い「素数」にしたんだけれど、「オモロー!」とは、いかぬようだ;; それに「1000」までカウントするのは、いくらなんでも長すぎ!

続きを読む "■世界のナベアツ:素数のときだけアホになる!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

■宣伝:エクセル2007超便利技

「ガスコン研究所」がらみの本が出たので、ちょっと宣伝^^;

Excel115 エクセル2007超便利技
版型:大型本(A4変型判)
発行:学習研究社
価格:880円[税込]
2008年6月28日発売
ISBN:978-4056051957
ASIN:405605195X

ショップ.学研

Amazon

《 C O N T E N T S 》

続きを読む "■宣伝:エクセル2007超便利技"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月27日 (金)

■コマネチ大学数学科95講:物理学

高校生の2/3は物理を全く教わらない」と嘆く竹内薫センセの「たけしのコマ大数学科」。そんなわけで、今回は「物理学」。

20080627_01

 まずは、例題。滑車とロープでできたブランコに乗っている体重60kgの人が、自分自身を持ち上げる力は、どれくらいか?

続きを読む "■コマネチ大学数学科95講:物理学"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年6月23日 (月)

■コマネチ大学2007年度講義リスト

2007年4月~2008年3月に放映された「たけしのコマネチ大学数学科」の「過去問題」へのリンク集(ガスコン研究所)。

※注意:本ブログは、特番(特別編成の番組)も、講義のひとつとして通し番号を振っている。従って番組内での講義番号とは必ずしも一致しない。

続きを読む "■コマネチ大学2007年度講義リスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

■コマネチ大学2006年度講義リスト

2006年4月~2007年3月に放映された「たけしのコマネチ大学数学科」の「過去問題」へのリンク集(ガスコン研究所)。

続きを読む "■コマネチ大学2006年度講義リスト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

■コマネチ大学数学科94講:謎の難問

20080620_01_2 今回は、視聴者から寄せられた「謎の難問」から始まった「たけしのコマ大数学科」。なんでも、投稿者のKさんによると、中学のとき、この問題に出会い、以来30年間、解けぬままだと言う。要は、XとYの角度を求めればよい。

そこで、我らが「コマ大数学研究会」の面々が立ち上がった。向かったのは、東大進学コースのカリスマ数学講師、河合塾の「岡田順一」講師だ。

問題を見るなり、「いわゆる、ラングレーの問題と言われるタイプ」と見抜く。黒板にすらすらと式を書いていく岡田講師。しかし、岡田講師をもってしても「X,Yの角度はコンピュータを使わないと無理」と言われてしまう。

続きを読む "■コマネチ大学数学科94講:謎の難問"

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2008年6月17日 (火)

■透明人間の存在証明

あなたは「私」の姿が見えない。あなたにとって私は「透明人間」のようなものである。「透明人間」である私が、自己の存在を証明するには、どーしたらいいか。

「私はここにいる」と、しゃべり続けることである。その声さえも届かなかったり、届いたとしても無視されたりしたら、あなたにとって「私」は存在しないことと同じことだ。それでも私はしゃべり続ける。

続きを読む "■透明人間の存在証明"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

■LOST in 815

前に、海外ドラマの「LOST」にハマっていると書いたけど、ついに「LOST」シーズン4の1話目を観た。ええ~っ、特別先行放送って、2話目以降は、まだ先なの~><;

「LOST」のシーズン1~3を8分ちょっとにまとめた動画は、こちら(ネタバレ注意!)
http://axn.co.jp/lost/815.html
「815」とは、もちろん、オーシャニック815便にかけたもの。これまでの放送でカットされた「Missing Pieces」も公開されている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

■コマネチ大学数学科93講:釣り銭

「3本録り」の3本目ということで、問題を考えるのも疲れちゃったのかしら。「たけしのコマ大数学科」。今回は、数学オリンピックの予選に出た問題ということなのだが……。

問題:太郎君は、1000円札と100円玉、10円玉、1円玉を1枚ずつ持って買い物に行き、ある品物を買って、4枚すべてを支払いに用いた。品物の価格として考えられる値は、何通りあるか。

ただし、太郎君は自分の支払うお金と釣り銭とに共通のものがないような支払い方のうち、釣り銭を渡された後の手持ちのお金の枚数が最小となるような支払い方を選ぶものとする。なお、釣り銭は枚数が最小になるように渡されるものとする。

問題が問題なだけに、爺のFlashも何なのかよくわからない><; とりあえず、レジの金額表示の枠をダブルクリックして、品物の金額を入力し、「ご会計」ボタンを押す。すると、お釣りを計算してくれる^^;

続きを読む "■コマネチ大学数学科93講:釣り銭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

■コマネチ大学数学科92講:トランプ

東大理科三類の「秒殺シスターズ」(衛藤樹さん、伊藤理恵さん)に対し、今回は「悩殺シスターズ」の小橋りささん、生駒尚子さん迎えての「たけしのコマ大数学科」。てゆーか、いつのまにか、チーム名が決まったみたいだ^^;

問題:同じマークのトランプ13枚をよく切り、1枚ずつめくって、左から右へ並べていく。めくったカードが、左側に置いたカードより、小さいときは捨てる。並べ終わったとき、「7」のカードが残っている確率を求めよ。

コマ大数学研究会のように、1000回も検証データを積み上げなくとも、何回か、上のFlashで遊んでみると、「7」のカードが結果として残る、条件が見えてくると思う。

続きを読む "■コマネチ大学数学科92講:トランプ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 2日 (月)

■平成教育学院:マス北野の問題

昨日(日曜日)の「熱血!平成教育学院」を見た。東大から、池上翔馬、木村美紀、瀧口友里奈のゲストを迎え、京大出身のロザン宇治原史規と対決。このところ「東大VS京大スペシャル」と銘打つことが多いなぁ…^^;

で、マス北野の出す問題が、面白い幾何問題だったので、紹介しておく。

20080602_01

問題:図のように長方形の中に半円が描いてある。半円の重なった、青の部分と長方形と半円のすきま、赤の部分は同じ面積である。長方形の横の長さは、20cmだが、縦の長さは何cmか? 円周率は、3.14として計算せよ。

続きを読む "■平成教育学院:マス北野の問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

■書籍:算数でホラー(パラドックス事件簿)

「算数でホラー」は、小島寛之センセの児童向けの物語だ。「パラドックス事件簿」シリーズは3冊あって、そのうちの1冊(私は、まだ、この1冊しか読んでいない)。
まずは、「算数でホラー」から問題をひとつ引用させてもらおう。

『神の大陸は、かつて、こんな場所にあったという。まず、神はそこから南に百歩分歩き、そしてそこで東へ曲がって百歩歩き、さらにそこから北へ曲がって百歩分歩いた。すると元の場所に戻ってきた。このような場所は世界広しといえど、この地にしかない。神はこの神聖なる場所で熊を見つけ、念力を放ってしとめたという。この熊は何色であろうか』

20080601_01

パラドックス探偵団は、自分を神さまの直接の子孫で超能力を使えるという、ペテン師と対決するのだけれど、それには、この「謎」を解かなければならない。

続きを読む "■書籍:算数でホラー(パラドックス事件簿)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »