« ■団塊の世代のセカンドライフ? | トップページ | ■コマネチ大学数学科48講:傾き »

2007年5月31日 (木)

■ヨットゲーム(ベクトルの合成)

先週の「たけしのコマネチ大学数学科」は、超難しい「ヒルベルト空間」だった。その中で「ベクトルの内積」という言葉が出てきたので、なんかベクトルを使ったFlashを作ってみたいなぁ……と考えついたのがヨットゲーム。

【遊び方】
方向キーの[←][→]を押して、帆の角度を変え、[Z][X]キーで舵を操作する。赤のスタート地点から島をひとまわりして、再びスタート地点に戻ったらゴール。

ヨットのしくみは、よくわからないけれど、風の仰角と帆の揚力によって進むんだよね。で、最初、風のベクトルと帆の揚力のベクトルを合成してみたんだけど、これだけじゃ、風に逆らってうまく進めない;; そこで、舵(ラダー)を追加してみた。でも、なんか基本的なところで違うような気がする。まぁ、今回はベクトルの学習ということで……。

謝辞:「Flashゲーム講座&アクションスクリプトサンプル集」で公開されている「ベクトル関数」を使用させていただいた。

(※6月1日追記:パラメータをいじって、旋回性を良くした。これで、らくらく100を切れるようになった……^^; ちなみに、ベストタイムは67)

(※6月4日追記:ランダムな風の向きの変化量を増加した。ゲーム性が少し増したかも^^;もう、いじくらないようにするつもり;;

|

« ■団塊の世代のセカンドライフ? | トップページ | ■コマネチ大学数学科48講:傾き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/6620589

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヨットゲーム(ベクトルの合成):

« ■団塊の世代のセカンドライフ? | トップページ | ■コマネチ大学数学科48講:傾き »