« ■パーソナライズドな「iGoogle」 | トップページ | ■数独の解は何通りか? »

2007年5月 3日 (木)

■Flashの格差社会

いろいろなブログを見ていると「Twitter」から、データを取り出して加工するというのが流行っている。もう完全に時流に乗り遅れているが、なにやら楽しそうなので、Flashを使ってそーゆーものが作れないかと考えた。で、とりあえず、安易だが、XMLからデータを取得するAction Scriptの練習として、「Weather Hacks - livedoor 天気情報」のRSSフィードを取得して、必要な情報を表示するFlashコンテンツを作成してみた。

20070502_01

Flashのエディタ上でプレビューすると、ちゃんと表示されるのだが、これをパブリッシュしてサイトに載せても、うまく動作しない。外部URLからのデータ読み込みがセキュリティ上、許可されていないからだ。で、これを解決するには「XMLconnector」というコンポーネントを使い、このサイトは安全ですよと、お墨付きを与えてあげればよいことがわかった。しかし、私の「Flash Basic」のどこを探しても、そんなものは見つからない。そう、XMLconnectorコンポーネント、クラスは、「Flash Professional」じゃないと対応していないのだ。

う~む、Flashも格差社会なのか……。貧乏人はスキルを磨け、自分で解決しろ!と門前払いをされた感じ;;

|

« ■パーソナライズドな「iGoogle」 | トップページ | ■数独の解は何通りか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/6291637

この記事へのトラックバック一覧です: ■Flashの格差社会:

« ■パーソナライズドな「iGoogle」 | トップページ | ■数独の解は何通りか? »