« ■コマネチ大学数学科43講:ミッシングナンバー | トップページ | ■Flashでも手書きでグリグリ »

2007年4月22日 (日)

■Google Spreadsheets のグラフ機能ってどうなのよ

20070421_00

Google Spreadsheets でグラフを描くことができるようになったので、どんな感じなのか、実際に試してみた。Google Spreadsheets & Docs 自体は、すでに日本語化がされたが、新しく追加されたグラフ機能は、現時点で日本語には対応していない。つまり、グラフ内では、軸ラベルや凡例に日本語を使用することができない。文字化けするのではなく、空白になる。グラフの種類としては、棒グラフ(積み上げも可)や折れ線グラフ、円グラフ、散布図など、基本的なものは揃っている。

20070421_01

棒グラフは、少し奥行きのある擬似3D風にすることも可能だ。ただし、作成したグラフの色やグラデーション塗りといったデザインの変更はできない。また、軸数値の表示桁を設定することもできないのは、ちょっと残念。

20070421_02

円グラフもやや斜めから見た厚みのある感じのグラフを描くことができる。グラフ内の色を選択できないので、項目ごとの色分けが気になるところだ。

20070421_03

SIN、COSカーブを折れ線グラフで描いてみた。通常の折れ線グラフでは、SINカーブなどの場合、軸数値の数が少ないと、ガクガクとなってしまうが、それをなめらかに補正する機能もある。ただし、SINカーブの始まりと終わりでは、不自然になってしまう。

ないものねだりで、アラをあげつらっても、しょうがない。待望のグラフ機能が追加されたことは、大きな前進だ。できるだけ早い時期にグラフも日本語対応になってほしいと思う。

とりあえず、表面的に使ってみたというだけのインプレッション……。なお、グラフ機能に対応するブラウザは、IE5.5以降、Firefox1.5以降のようだ。

|

« ■コマネチ大学数学科43講:ミッシングナンバー | トップページ | ■Flashでも手書きでグリグリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/6180852

この記事へのトラックバック一覧です: ■Google Spreadsheets のグラフ機能ってどうなのよ:

« ■コマネチ大学数学科43講:ミッシングナンバー | トップページ | ■Flashでも手書きでグリグリ »