« ■平成教育委員会:コップの水 | トップページ | ■500円でわかる活用技 エクセル関数 »

2007年4月17日 (火)

■Google SketchUpを使ってみるなり

今さらながらに「Google SketchUp」を使ってみる。何が驚きかというと「SketchUp Pro」は、購入すれば約7万円ほどする3D作成ソフトである。それが「Google SketchUp」は無料で提供されていること。もちろん、他の3D作成ソフトと連携する、さまざまな形式での書き出しができないという機能制約はある。でも、3Dモデリングを直感的に作成できるという中核部分の機能は、まったく変わらない。しかも、ウェブの「3Dギャラリー」で先人たちの作成したモデリングが公開されているので、それらを組み合わせるだけでも、けっこう楽しめる。

20070417_01_1

上の画像は、公開されている「3Dギャラリー」のパーツを組み合わせたもの。ただし、フキダシは、あとから追加した^^;「SketchUp」のスゴイところは、ドラッグ&ドロップで直感的に形状をモデリングできるところ。たとえば、長方形を描いて、その面を引っ張ったり、押したりして、直方体にすることができる。その面のひとつに窓を作れば、厚みを持った壁に囲まれた部屋になるといった具合だ。すごい時代になったよなぁ……。

|

« ■平成教育委員会:コップの水 | トップページ | ■500円でわかる活用技 エクセル関数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/6122483

この記事へのトラックバック一覧です: ■Google SketchUpを使ってみるなり:

» SPACEホームのCGをShadeへ [建築CAD]
SPACEホームで作成した3D-CGを3D-DXFで保存し、Shadeで取り込 [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 19時01分

« ■平成教育委員会:コップの水 | トップページ | ■500円でわかる活用技 エクセル関数 »