« 第11回:アインシュタインに挑戦 | トップページ | 「XML」で標準化への流れ »

2006年7月 1日 (土)

「500円でわかるグーグル」発売!

Google_mook  「ウェブ進化論」や「グーグル Google 既存のビジネスを破壊する」などの新書がベストセラーになり、「Web2.0」なる言葉がひとり歩きを始めた。

 「Web2.0」なる言葉は、誤解されやすい。何もわからない会社の上司が「うちの会社は『Web2.0』なのかね」とか、ユーザーが「私も『Web2.0』を使いたいのですが、どこで入手できますか?」とか、「『Web2.0』にバージョンアップする方法を教えてください」とか……以上は、私の妄想だが、こんな事態も、まんざら笑い事ではないと思うのだ。

 これが「Web第2世代」という言葉だったら、もっと、穏やかな反応だったと思う。それだけ「Web2.0」という言葉のインパクトは強く。どこそこの会社が「Web2.0」を商標登録したとか、そのため、「Web2.0カンファレンス」という名称が問題となるとか、世の中「Web2.0」の狂想曲が流れている。

 そんな中、出版されたのが学研「500円でわかるグーグル」(6月30日発売)である。この本は、「SPA!」や「R25」などでも執筆している石井敏郎氏と私(金矢八十男)の共同執筆。私は、第3章を担当した。

 本書は、パソコン初心者が「Google」が提供するさまざまなサービスを使うためのガイドである。自分自身で「Google」のサービスを使いこなせる人には無用の本だ。だから「購入したけど、得るところは、何もなかった」的なコメントは、かんべんしてほしい。しかし、「グーグルマップ」のどこがスゴいのか、これまでの地図サービスと一緒じゃんと思っている人は、読んで見る価値はあるかも……です。「グーグルマップ」は、マウスでドラッグしてグリグリ動かせるところがスゴいんです。だって、これまでのWebでは、リロードして画面を書き換えていたのだから。

 そして「グーグルマップAPI」を公開することによって、さまざまな「マッシュアップ」サービスが登場してきている。このことが「Web2.0」という、なんだかわからない言葉への、かたちある、ひとつの答えだと思うんだよね。もちろん、これもひとつの事象、ひとつの側面から見た場合だが……。

 かつて「マルチメディア」という言葉が世の中を騒がしたことがあった。テキストや音声や画像などを統合的にデジタル情報として扱えるようになったことが、当時としては驚きだったのだ。扇情的な情報で、この新しいビジネスの流れに乗らないと取り残されるような不安感やら危機感で、あちこちの会社に「マルチメディア事業部」やら「マルチメディア推進部」などが作られた。

 「Web2.0」も都会のアスファルト道路にゆらめく蜃気楼「逃げ水」のようなもの。遠くにあったときは、ゆらゆらと見えていたのに、その地点に到達すると、あとかたもなく消えている。世の中に溶け込み、誰もがあたりまえのようになった時点で「Web2.0」なんて言葉は意味を失ってしまうだろう。

 本書を書いて、つくづく感じたのは、Googleが次々と繰り出す新しいサービスに出版というかたちで追いついていけないこと。原稿アップ後も「Google Toolbar」や「Google Earth」のバージョンアップに追われた。

 作る側としては、現時点での最新情報をできるだけ盛り込んだつもりだが、6ヶ月後には改訂版が必要になるだろう。ならば、なるべく旬のうちに召し上がってほしいというのが正直なところ。そして、私を含め、一部の「新しモノ好き」な人たちだけでなく、これまで「Google」に興味を持っていなかった多くの人たちに「Google」が提供するサービスの「便利さ」や「おもしろさ」を実感してほしい……と思う、今日この頃、みなさま、いかがお過ごしですか?(ブログのマネ^^;)。

500円でわかるグーグル 500円でわかるグーグル
―驚きの無料サービス徹底紹介!
実践的Q&A方式


学習研究社


|

« 第11回:アインシュタインに挑戦 | トップページ | 「XML」で標準化への流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/2456427

この記事へのトラックバック一覧です: 「500円でわかるグーグル」発売!:

« 第11回:アインシュタインに挑戦 | トップページ | 「XML」で標準化への流れ »