« 第3回:モーペルテュイの原理 | トップページ | 補習[1]:ルドルフ数(円周率) »

2006年5月12日 (金)

第4回:折り紙で正六角形を作る

 このブログは、木曜深夜の数学バラエティ番組「たけしのコマネチ大学数学科」で出された問題を「エクセル」で解くことを目的としているが、今回のテーマは「折り紙でいちばん大きな正六角形を作る」というもの。さすがに「エクセル」では折り紙はできない。第4回目にして、はやくもギブアップである。

 番組を見逃した人のため、折り紙でいちばん大きな正六角形を作る方法を紹介しておこう(これでは、たんに番組を追従するだけだが……)。

Ex_08  まず、折り紙でいちばん大きな正三角形を作る方法だが、角Aを中心線に重なるように折る。同様に角Bも折る。こうしてできた、「a」と「b」を結ぶ線で折ると、いちばん大きな正三角形になる。

 これを踏まえ、正六角形の場合は、折り紙を4つ折にした状態で正三角形を作ったならば、一度、折り紙を開き、対角線ABで折り、先ほど作成した正三角形の折り目を複製する方法で作ることができる。

Ex_09  ところで、今回の講師は、中村亨(あきら)センセだ。今後は、竹内薫センセと交代で講師を務めるらしい。番組内で印象的だったのは、折り紙で図形を作ることは、コンパスと定規で図形を描くのと同じ。また、コンパスと定規で作ることのできる図形は、2次方程式を解くのと同じだが、折り紙は3次方程式まで解くことができるらしい。コンパスと定規では、正七角形や、正13角形を描くことはできないが、折り紙では可能とのこと。なんか、すごいぞ「折り紙」。

|

« 第3回:モーペルテュイの原理 | トップページ | 補習[1]:ルドルフ数(円周率) »

コメント

すみません。
私、その番組を見ていないのですが、
本当に「三角」定規って
言われていましたでしょうか?

投稿: 通りすがりの者 | 2006年5月20日 (土) 00時47分

番組内でも「三角定規」、「定規」と表現している部分が混在していますが、たんに、直線を引く道具として「三角定規」と言ったのだと思いますよ……。

「三角定規」→「定規」と直しておきますね。

投稿: ガスコン | 2006年5月20日 (土) 10時22分

番組内でも使われていたんですね。
Googleで検索したら、この番組の感想を書いた
複数のブログで「三角定規」と書かれていたので
気になっていたんです。
回答ありがとうございました。

三角定規を使うと、3次方程式も解けてしまう恐れが。
私の誤解ならばよいのですが。
別のブログでも聞いてみますね。

ついでに、
> 2次関数を解くのと同じだが、折り紙は
> 3次関数まで解くことができるらしい。
普通は2次「方程式」、3次「方程式」ですね。
(笑)

投稿: 通りすがりの者 | 2006年5月20日 (土) 11時01分

なるほど……。
正しくは「2次関数の問題を解く」とするべきでした。
こちらも、こっそり「方程式」に直しておこう……と。

投稿: ガスコン | 2006年5月20日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99648/1768655

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回:折り紙で正六角形を作る:

» たけしのコマネチ大学数学科 -美しき数学の時間- [Atelier-T.T ゲームプログラミング工房]
■折り紙で正三角形を折るには? うちのお風呂には、小型の液晶TVが付いているんですよ。 で、昨日も何気にTVを見ながらお風呂に入っていたら、非常に面白い番組に出会いました! それが「たけしのコマネチ大学数学科」です。 番組の詳しい説明はこちらに譲るとして、..... [続きを読む]

受信: 2006年5月26日 (金) 00時48分

« 第3回:モーペルテュイの原理 | トップページ | 補習[1]:ルドルフ数(円周率) »